むくみは半身浴で解消しよう!適正時間、温度など半身浴のやり方を解説

むくみの悩みから探す

*この記事は理学療法士の方にご提供頂きました。
ダイエットでも注目されている半身浴。
半身浴はリラクゼーション効果が非常に高く、全身の血流循環を促す働きを持つことから長寿の秘訣ともされています。
今や多くの雑誌やメディアで取り上げられるようになった半身浴ですが、その目的や正しい入浴方法を理解している方は少ないように思います。

日常生活上には、対人関係や家庭内トラブル、その他環境因子によるストレスが多く存在し、身体を休める場や空間を満足に作れている方が少ないのが現状です。

もちろん、趣味活動や好きなことを満足に行えている方であればストレスの軽減に有効ですが、そうでない方も多いはず。

入浴は、身体にとって良い影響を与える日本独特の文化として海外から移住した方や多くの旅行客からも愛されています。

今回は、正しい半身浴のやり方と効果について解説します。

半身浴のやり方次第でむくみの改善にも!?

半身浴は、正しいやり方次第でむくみの改善に大きく貢献します。

立ち仕事やデスクワーク作業が多い方はどうしても足がむくみやすくなっています。
理由としては、全身の血液が下半身に溜まってしまい、心臓へ戻すだけの力がなくなってしまう為です。
むくみを放置したままでいると、下半身に出来た血栓が肺へ飛びエコノミー症候群を引き起こす可能性もありますので、しっかりとした対策が必要です。

そこで、おすすめなのが半身浴

全身の血流循環を改善し、下半身に溜まった水分や血液を心臓に戻しやすくするだけでなく、疲労を改善する効果も発揮します。
しかしながら、正しい半身浴のやり方を理解しなくては効果を最大限に発揮することは出来ません。

半身浴のやり方

半身浴の基本的なやり方として、浴槽内の床に臀部を付けた際、おへその位置にくるよう湯量を調整します。
このことは半身浴を行う上で大変重要なことです。

なぜおへその位置が良いのかというと、身体へかかる負担を減らしつつ全身の血流循環を促すのに最も適しているからです。

通常の入浴ではおおよそ心臓の位置もしくは鎖骨ラインで浸かることが多いかと思いますが、身体にかかる負担が大きく疲労を起こしやすい為、長時間の入浴は困難となってしまいます。

通常の入浴では、負担が大きい為、顔が赤くなったり「ふらふら」した感覚・のぼせたような感覚を訴える方が多いのに比較して、半身浴ではこのような症状が出にくいです。

理由は、入浴中の血圧上昇の速度にあります。

湯量が多ければ多い程、身体にかかる負担が大きく血圧が上昇しやすい為、短時間で症状を起こしやすくなります。

対して、半身浴のような湯量が少ない状態での入浴では、血圧の上昇が緩やかである為、長時間入浴しても症状が出にくくなります。

むくみを改善する為には血流循環を良くすることが大切なので、短時間浸かる通常の入浴よりも、長時間入浴可能な半身浴が効果的です。

半身浴の効果的な温度・時間

半身浴の湯量と共に重要なポイントとして入浴温度・時間があります。

入浴中の温度を適切にすることは、急激な血圧上昇を防いだり、疲労回復の効果を発揮するのに大変重要です。

皆様は、普段の入浴での温度設定をどのように決めていますか?

熱めが好きな方・ぬるめが好きな方など好みによって様々かと思いますが、半身浴の場合、私たちの体温より少し高めの37℃〜38℃程度にするのが最も効果的です。

普段入浴する温度より低いと感じられた方が多いのではないでしょうか。
実際に、この温度は不感温度とも呼ばれ、身体への負荷が最も少なく熱さを感じにくい温度となっています。
半身浴の場合、20分程度の入浴時間が好ましいので不感温度での入浴を心がけて下さい。

あまり知られてはいませんが、湯の温度が1度上昇するだけでも身体にかかる負荷は増大し、血圧上昇に伴う身体不調のリスクを上昇させます。

 半身浴の基本的なやり方
・お湯の量はおへそ辺りになるくらいに調節
・お湯の温度は37〜38℃程度
・入浴時間は20分程度

半身浴はダイエットにもおすすめ

半身浴は、むくみの改善だけでなくダイエットにも効果的です。
半身浴がダイエットに効果的と実証しているデータは数多く、美容モデルや多くのトレーナーも推奨している方法です。

半身浴がダイエットに効果的である理由をご説明致します。

基礎代謝がアップ

ダイエットの効果が出ない理由の1つとして「身体の冷え」に伴う基礎代謝の低下があります。

体温が1度上昇するごとに代謝は13%上昇するとされており、免疫力もあがるとのデータがあります。
この基礎代謝を上昇させることがダイエット成功の秘訣と言っても過言ではありません。

同じ食事量を摂取しても太らない人いますよね?それを体質の問題と決めつけてしまうのは良くありません。
多くの場合は基礎代謝にあり、食物を消化し吸収・排泄する為の機能が良好に働いている為、太りにくい身体作りが構築されているのです。

では、基礎代謝をどのようにあげていけばいいのでしょうか?

最も代表的なのは日常の運動量をあげることにより、消費カロリーを増やしつつ代謝をあげることですが、趣味で運動をしていた経験がある方や身体を動かすことが好きな方でないとなかなか持続させることが出来ません。

ダイエットにおいて大切なことは「継続」です。

半身浴は、どなたでも実施可能な上にリラクゼーション効果・血流改善効果・基礎代謝上昇効果など身体にとって良い影響を与える点で最も効果的なダイエット方法です。

不要物の排出効果

また、半身浴中は汗の分泌量が多い為、体内の不要物を排出する作用に働きます。

「肌のターンオーバー」という言葉をご存じでしょうか。

ターンオーバーとは、古い角質や皮脂を取り除き新たな皮膚を新生することを指しますが、体内に不要物が蓄積されている状態であると、ターンオーバーが上手くされず、ニキビや吹き出物をつくる原因となってしまいます。
体内から不要物を取り除くためには、汗と共に体外に排出するのが効果的です。

半身浴では、通常の入浴と比較してゆっくりジワジワと汗をかくため、体内の不要物を排出しやすい環境設定がされている面で大変おすすめです。

 半身浴の効果
・リラクゼーション効果・血流改善効果・基礎代謝上昇効果
→ダイエット、むくみの解消におすすめ
・体内の不要物を排出する
→肌のターンオーバーを促す

半身浴の効果をさらにアップさせる為に

半身浴の一般的な入浴方法について述べましたが、工夫次第でさらに効果を高めることが出来ます。半身浴をするのであれば、可能な限り効果を高く発揮したいですよね。

ここからは、半身浴の効果を高める具体的な方法を解説します。

半身浴中の全身マーサージ

半身浴中の全身マッサージは、体内の血液循環量を飛躍的に増大させます。その為、同じ入浴時間でもむくみ改善・ダイエットに対する効果が期待できます。

ただ、やみくもにマッサージすればいいという訳ではなく順番・方法がありますので参考にして下さい。

むくみ・ダイエットに効果的なマッサージの手順は、下半身の大きい関節からになります。関節が大きければ大きい程、血管が太く、血流循環を促すのに効果を発揮します。
その為、太もも→ふくらはぎ→足先の順が良いです。

また、方法としては、揉むのではなく、骨盤に向かって撫でるようにしてください。
「さする」という表現が最も理解しやすいかと思います。リンパ腺がありますので、強い刺激を与えるよりもあくまでさすりながら流すというイメージをもつと良いでしょう。

入浴剤は発汗効果の高いものを選ぶ

入浴時に、入浴剤の使用をする方も多いのではないでしょうか。
使用する場合は、発汗効果の高い塩を多く含むもの【ミネラルバスパウダー】や唐辛子エキス配合の入浴剤がおすすめです。
注意点として、発汗効果の高い入浴剤を使用する場合は特に、入浴前後の水分補給をしっかり行いましょう。
体内水分量が低い状態での入浴は、脱水症状を引き起こす危険性が高くなり大変危険です。


 半身浴の効果を発揮させるには
・太もも→ふくらはぎ→足先の順でさするようにマッサージ
・入浴剤は発汗効果のある塩を含むものや唐辛子エキス配合のものを選ぶ
(入浴前後の水分補給を忘れないこと)

まとめ

半身浴は、むくみの解消・ダイエットに大変効果的です。正しいやり方をマスターし、健康的な身体を作りましょう。
半身浴は、通常の入浴と比較して身体への負荷が少なく長時間の入浴が可能である為、発汗量も多く、肌のターンオーバーを促すなど美容効果も期待できます。
さらに効果を高めたい方は、入浴時の下半身マッサージや発汗効果の高い入浴剤を使用しましょう。
入浴前後の水分補給は脱水症状を防ぐ上で最も大切な事ですので忘れずに摂取して下さい。
今や美容・健康に役立つ方法として数多くの雑誌やメディアで紹介されている半身浴を是非体感してください。


 

タイトルとURLをコピーしました