【ハンドクリームの選び方】成分やお悩み別で解説

乾燥する季節の必須アイテムの1つがハンドクリームです。
1日に何度もつけるものですし、できることなら自分の肌にあったハンドクリームを選びたいですよね。
しかし、ハンドクリームには種類が多すぎてどれが自分に合っているのかわからない人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ハンドクリームに含まれる成分と悩み別にハンドクリームの選び方を解説していきます。
自分にあったハンドクリームをしっかり理解して乾燥する季節を乗り切りましょう!

ハンドクリームに含まれる代表的な成分とは?

それではまずハンドクリームに含まれる成分をご紹介します。
ハンドクリームは皮膚を保護し、潤いを与えることを本来の目的としています。
そのため、ハンドクリームには多くの場合、保湿成分が含まれています。
以下では代表的な3つの成分を取り上げます。
配合されている成分を理解することでハンドクリーム選びもスムーズになります。

代表的な成分①尿素

尿素は非常に保湿力が高く、多くのハンドクリームに使用されています。
尿素は水と相性がよく、体外に出て行ってしまうはずの水分をからだに閉じ込め、乾燥を防いでくれるのです。
また、固くなった皮膚を柔らかくする働きもあるため、足のかかとのケアにも適しています。

代表的な成分②ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はとても優れた保水力を持つ成分です。
水に溶けやすく保湿力が高いため、しっとりした質感を出すことが可能です。
もともと人間の体にもある成分ですが、加齢とともに減少していきます。
ヒアルロン酸が少ない皮膚だと水分が蒸発してしまい、皮膚の表面が乾燥してしまいます。

代表的な成分③グリセリン

脂肪や油脂から抽出した甘みのある成分です。
保湿剤として利用され、肌にうるおいとしっとり感を与えます。
肌荒れを防ぎ、また、もともと体内に存在する成分のためアレルギー反応が少ないという特徴があります。

ハンドクリームを選ぶポイントとは?

ここまでハンドクリームの成分を解説してきました。
それでは具体的にどのハンドクリームを選んだらよいのか気になりますよね。
ここでは症状別の使うべきハンドクリームの選び方をご紹介します。
今まで知らずにハンドクリームを選んでいた人もきちんと症状に合ったハンドクリームを選ぶことで悩みを軽減できますよ!

悩み①あかぎれ・ひび割れ

あかぎれやひび割れは乾燥がさらに進行した状態です。
肌そのものに亀裂が入ってしまっているため、まずは肌の乾燥を改善することが重要です。
しかしあかぎれやひび割れの原因はそれだけではありません。手荒れも原因となります。
手荒れは血行不良から引き起こされるため、ビタミンCやビタミンEをたくさん含んだビタミン入りハンドクリームがおすすめです。
これらのビタミンは肌に塗り込むことで末梢神経の血行を促し、水分と油分を補います
また末梢神経が刺激されることで血のめぐりが良くなり、ターンオーバーも促します。

悩み②乾燥

手の乾燥が目立つ場合は保湿系のハンドクリームを塗りましょう。
具体的にはヒアルロン酸やセラミドが多く配合されたものがおすすめです。
そのほかワセリンも手の乾燥に効果的です。乾燥は皮膚から水分が蒸発している証拠です。
保湿成分の多いハンドクリームを塗ることで皮膚をコーテイングし、水分が逃げるのを防ぎましょう。
また、乾燥がそれほど気にならない箇所でもまんべんなく塗ることが皮膚の乾燥を防ぎます。
手を洗った後や、お風呂あがりにも、こまめに塗りなおしましょう。

悩み③皮膚のごわつき

手の荒れやかさつきにより皮膚が硬くなってしまった場合は尿素入りのハンドクリームを使用しましょう。
尿素の「ピーリング効果」と呼ばれる皮膚の角質を溶かす働きによってごわついた肌を柔らかくしてくれます。
ただし注意点として塗りすぎには注意しましょう。
硬くなった角質を溶かす効果は同時に、新しく作られる角質も溶かしてしまうことになります。
育っていない皮膚を溶かすことでかえって皮膚にダメージを与えることになってしまいます。
よって尿素配合のハンドクリームを使用する場合は、必ず皮膚の状態を確認するようにしましょう。
乾燥していても皮膚が柔らかい場合(表皮がまだ育ち切っていない状態)、または炎症を起こしている場合は使用を中止してください。

・あかぎれひび割れには「ビタミン入り」のハンドクリーム
・乾燥から肌を守るには「保湿系」のハンドクリーム
・硬くなった皮膚を柔らかくするには「尿素系」のハンドクリーム

まとめ

ここまでハンドクリームの主な成分、症状別のハンドクリームの選び方をご紹介してきました。
たくさんの種類がありますが、大きく分けてビタミン系、保湿系、尿素系のハンドクリームがあることがわかりましたね。
あかぎれなのか、乾燥なのか、ごわつきなのかと悩みの種類によってハンドクリームを使い分け、手の悩みを解消しましょう。
ただし、どのハンドクリームも塗り過ぎは禁物です。
肌の荒れや炎症がひどい場合は、無理にハンドクリームを塗ろうとせず、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました